A Sentimental Blue Flag | SHUZO IKEDA OFFICIAL SITE 『木版画家 池田修三』

スタッフブログお知らせ

「はるっこまつり」ご来場ありがとうございました。

こんにちは。
4月30日に秋田県にかほ市で開催した「一日かぎりの池田修三展 はるっこまつり」
無事終了いたしました。
500人以上の方にお越しいただき、スタッフ一同、大変嬉しく思っています。
ありがとうございました。

熊本地震の復興支援として販売させていただいた「はるっこシール」。
1日で137枚をご購入いただきました。
その売上の41,100円を、支援金として使わせていただきましたので
ここに報告させていただきます。
送り先は、2014年に池田修三展を開催してくださった、熊本市の長崎書店さんです。

早期の完全復旧に向け、力を合わせてがんばっており、
書店は短縮営業ができるようになったと、嬉しいご報告をいただいています。

スタッフのみなさんは、自らが被災しながらも
避難所となっている小学校へほぼ毎日、絵本の読み聞かせに行き
励まし、勇気づける活動をしていると伺っています。

この企画に賛同し、参加してくださったみなさま。
ありがとうございました。

FullSizeRender

「一日かぎりの池田修三展 はるっこまつり」明日開催です!

みなさま、こんにちは。

大変ご無沙汰しています。

 

いよいよ明日、4月30日(土)

「一日がぎりの池田修三展 はるっこまつり」が

秋田県にかほ市の象潟公会堂で開催されます!

本日は搬入日。

だいぶカタチになってきました。

IMG_1394

(展示の様子は当日のお楽しみです!)

 

当日のスケジュールはこのようになっています。

10:00 会場

14:00 トーク「にかほのこれからと修三さん」

14:30 「HARCO」ライブ

15:30 修三さんのお墓参り

17:00 閉場

詳しくはこちら

 

グッズの販売もありますよ。

まずは、4月25日から運行がスタートした

由利高原鉄道の池田修三さんラッピング列車。

その記念乗車券を先行販売いたします。

(羽後本荘→矢島、矢島→羽後本荘の2枚セットのみ)

FullSizeRender

 

そして、今回のためにお作りした、

はるっこシール!

FullSizeRender

このシールの売上は、熊本地震の支援金に使わせていただきます。

 
 
小作品も3種類ですが、ご用意しています。

展覧会の名前にちなんでの、「ハルコ」。

IMG_1373

 
 
チューリップが鮮やかな「春、チューリップ」

IMG_1372

 
 
初めて小品コレクションに登場する、「ミモザ」

IMG_1374

 
 
他にも、作品集「センチメンタルの青い旗」や

絵葉書と豆本「はじまり」「いろどり」、

昨年の秋田県立美術館で限定販売した「冬彦ぼっこ人形」も

ご用意しています。

 
 
みなさまのお越しを、心よりお待ちしております。

熊本会場スタートしました!

福岡県、ブックスキューブリックさんでの展示を終えて、
本日より、熊本県にあります長崎書店さんにて、池田修三展『センチメンタルの青い旗』スタートしました!
長崎書店さんは明治より続く老舗の本屋。ギャラリースペースでの展示となります。

nagasakishoten01

nagasakihoten2

おなじみのグッズに加え、ポストカードで人気の高い『ハナコ』のiPhoneケースも登場しています。(iPhone5・5S用となります)

hanakoiPhone

熊本にお住まいの方、福岡での展示を見逃してしまった方、そして遠方にお住まいの方もぜひ、お越しくださいませ!

 

池田修三展『センチメンタルの青い旗』
会期:2014年2月20日(木)〜3月13日(木)
会場:長崎書店ギャラリー(熊本県熊本市中央区上通町6-23)
営業時間:10時〜21時(無休)
入場無料

○ 長崎書店
http://nagasakishoten.otemo-yan.net/

「髪飾り」( 1981年作)限定受注販売!

大好評の池田修三展「センチメンタルの青い旗」
東京会場の「かぐれ」丸の内店ウインドウディスプレイ展示は、
木版画刷り処、竹芳洞さんに
多大な協力をいただいています。
修三さんが彫った、貴重な版木の展示や、
刷り工程の展示など、
竹芳洞さんの協力なしではあり得ませんでした。

というわけで、現在東京展会場のかぐれ表参道店でのみ
竹芳洞×Re:Sの小作品シリーズに+1点、
限定受注販売している木版原画があります。

kamikazari

こちら「髪飾り」という作品。
通常の小作品よりも一回り大きいサイズで
20枚限定。1万500円+送料850円で、販売しています、
欲しい! という方は、ぜひ「かぐれ」表参道店にお越しください。
限定販売のため売切の際はご容赦ください。

(山口)

木版画WS(大阪)無事終了しました。

生前、修三さんが唯一人認めた摺り師、
竹芳洞の小林義昭さん。
そんな、小林さんに横浜からお越しいただき、
木版画の摺りを体験してもらおうとうワークショップが
昨日、22日開催されました。

suriWS

定員いっぱい20名の皆さん
ぞれぞれに悪戦苦闘しながらも、
見事に素敵な木版画作品を完成されていました。

imagemihon

木版画というものが、
想像以上に難しく、また楽しいということを感じてもらい、
あらためて修三さんの作品の魅力に
気づいてもらいたいと開催したワークショップでしたが、
みなさん、刷り上がった版画を
とても自慢げに見せてくださったり
好きな図柄と交換しあったり
純粋に楽しんでくださったようです。

そして改めて小林さんという摺り師さんの
技術も感じてもらえたようで、
修三さんがのこしてくれた版木を使って
小林さんが刷ってくださった
『池田修三小品コレクション』も、
みなさんどんどんお買い求めいただき、
絵柄によっては数少ないものも出てきました。

小品

みなさんもぜひ、修三さんの作品世界
そして木版画そのものの魅力に
触れていただけたらと思います。

(山口)

  • 次のページへ