A Sentimental Blue Flag | SHUZO IKEDA OFFICIAL SITE 『木版画家 池田修三』

お知らせお知らせ

展覧会『センチメンタルの青い旗』 at artos Book Store クロージングトークイベント開催決定!

matsue

大阪・東京と同時開催中の展覧会『センチメンタルの青い旗』次の開催地は、島根県松江市にある素敵な本屋さん、artos Book Store です。artos Book Store では、展覧会最終日に、作品集の編著者である藤本智士さんと、イラストレーターの福田利之さんを迎え、トークイベントを開催します。秋田県にかほ市象潟(きさかた)出身の木版画家、池田修三。今は亡き、彼の面影を追って、秋田まで旅をしたお2人が、池田修三の人柄や、池田作品が暮しのなかに息づく、象潟の魅力について、たっぷり語ります!

池田修三展「センチメンタルの青い旗」 at artos Book Store
クロージングトークイベント「修三さんが好きすぎて松江まで来てしまいました。」

日程:2013年10月14日(月・祝)
時間:18時〜(開場 17時30分/19時30分終了予定)
場所:artos Book Store(島根県松江市南田町7-21)
料金:1,500円(珈琲+秋田のおかし+藤本さん&福田さんのサイン入り修三さんグッズ付き)
出演:藤本智士(編集者、Re:S、のんびり)、福田利之(イラストレーター)
お申込み・お問合せ:artos Book Store(TEL 0852-21-9418 MAIL artos@ms3.megaegg.ne.jp)

<出演者プロフィール>
◎藤本智士(ふじもとさとし)
編集者。1974年兵庫県生まれ。有限会社りす代表。雑誌『Re:S』編集長を経て、現在、秋田からニッポンのふつうを考えるマガジン『のんびり』の編集長を務める。また、吉本興業発行の『おおらかべ新聞』(大阪)など、編集を軸にローカルデザインを考える事例が話題に。編集・原稿執筆を手がけた『ニッポンの嵐』は、発売4日で20万部を超える大ヒット。著書に『ほんとうのニッポンに出会う旅』(リトルモア)、福田利之との共著『BabyBook』(コクヨS&T)。編著として池田修三作品集『センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)。
http://re-s.jp/   http://non-biri.net/

◎福田利之(ふくだとしゆき)
イラストレーター。1967年大阪府生まれ、現在は東京荻窪で活動中。エディトリアル、装丁、広告、ムーンライダースやスピッツのCDジャケット、江國香織や東直子など多くの本の挿画、絵本、テキスタイルなど、様々なビジュアル表現を手がける。また、『ほぼ日刊イトイ新聞』では「カッパとウサギのコーヒーさがし」「福田のフォト絵。」など多数のコンテンツに登場。藤本智士編集の雑誌『Re:S』に続き『のんびり』でも連載中。著作に、『福田のフォト絵』(ヴィレッジブックス)『みんなねている』(永井宏と共著、ミルブックス)『フォト絵で遊ぼう!』(コクヨS&T)など。http://to-fukuda.com

○ artos Book store
http://www1.megaegg.ne.jp/~artos/