A Sentimental Blue Flag | SHUZO IKEDA OFFICIAL SITE 『木版画家 池田修三』

お知らせお知らせ

池田修三 木版画展「この指とまれ」開催決定!

pct_konoyubitomare

2004年に82歳で亡くなるまで、花と少女や子どもたちの情景を多色刷りで表現しつづけた、秋田県出身の木版画家、池田修三。没後10年以上が経ったいま、作品集の出版をきっかけに、あらためてその作品世界の素晴らしさが再評価されています。この度、東京銀座の文房具専門店、伊東屋の地下にあるインスピレーションホールにて、約2年ぶりに東京での展覧会を開催します。都会の喧騒のなか、まさに「この指とまれ」と郷愁を誘う池田修三作品をぜひご堪能ください。

池田修三 木版画展「この指とまれ」
日程:2016年7月16日(土)〜31日(日)
時間:10:00〜20:00(日・祝・29日は19:00まで/最終日のみ17:00まで)
会場:銀座・伊東屋 G.Itoya B1F Inspiration Hall
   (東京都中央区銀座 2-7-15)
入場無料

※展覧会初日の16 日は、18時より展覧会場にてイベント開催のため、17 時頃より一部展示が見にくくなること、ご了承ください。


池田修三展記念トーク「池田修三の故郷、に・か・ほ?」

街中に修三作品が溢れる池田修三の故郷、秋田県にかほ市。いまもなお脈々と息づく、暮らしのなかのアートはどのようにして作られたのか? また、街全体を美術館と見立てた「まちびと美術館」という取り組みなど、池田修三とにかほの魅力を伝えるトークイベントを開催します。
※イベント終了後、フードユニット『つむぎや』による、にかほ市の特産品を使用した軽食を振る舞います。数に限りがございますのでご了承ください。

日程:2016年7月16日(土)
時間:18:00〜19:30
会場:銀座・伊東屋 G.Itoya B1F Inspiration Hall
   (東京都中央区銀座 2-7-15)
入場無料

主催:まちびとプロジェクト実行委員会
協力:にかほ市 秋田県 Re:S のんびり合同会社 株式会社金入 ナナロク社

【お問い合わせ】

にかほ市役所 総務部企画課 TEL 0184-43-7510

「一日かぎりの池田修三展 はるっこまつり」を開催いたします!

はるっこバナー_shuzo

2013年より毎年春に秋田県にかほ市象潟で開催してきました、木版画家池田修三さんの展覧会。今年からは秋に季節を移すことになりました。
しかしながら4月30日は修三さんのお誕生日ということで、今年は一日かぎりのイベントを開催します。それが“はるっこまつり”です。
会場はいつもの、にかほ市象潟公会堂。修三さんのミニ作品展とトークとライブや、毎年恒例のお墓参りも行います。ぜひ、いらしてください!

「一日かぎりの池田修三展 はるっこまつり」
日程:2016年4月30日(土)
会場:にかほ市象潟公会堂
       にかほ市象潟町字三丁目塩越163
主催:にかほ市
協力:Re:S、のんびり合同会社


◯展覧会 池田修三展「ハルコ」

10:00〜17:00

◯トーク 「にかほのこれからと修三さん」

14:00〜

出演:藤本智士(のんびり)ほか

◯ライブ 「HARCOライブ」

14:30〜

HARCO
青木慶則のソロ変名ユニット。シンガーソングライターでありながら、CMや映画、演劇の音楽制作、歌唱、ナレーション等でも活躍。NHKみんなのうた「ウェイクアップ!パパ!」、Eテレ0655「きょうの選択」など、幅広い年齢層に響く歌声を持ち味としている。最新作は2016年3月に再リリースしたチャリティアルバム「南三陸ミシン工房のうた」。
www.harcolate.com

◯お墓参り 修三さんのお墓参り・蚶満寺へ

15:30〜(17:00公会堂戻り予定)

公会堂から、修三さんのお墓のある蚶満寺まで、みんなで歩いて向かいます(片道20分ほど)。
当日は、お供えするお花も受付けております!

◯列車 ラッピング列車の記念乗車券販売!

4月25日から、にかほ市のおとなり由利本荘市を走る『由利高原鉄道』に池田修三ラッピング列車が登場します!ラッピング列車登場を記念した記念乗車券を会場にて販売します。


【お問い合わせ】

・はるっこまつりについて
にかほ市役所 総務部企画課
TEL 0184-43-7510

・ラッピング列車について
秋田県由利地域振興局 総務企画部
TEL 0184-22-5432

グッズ取扱店舗のご紹介

グッズを取り扱っていただいているお店をご紹介いたします。

秋田県

○道の駅象潟「ねむの丘」
〒018-0121
秋田県にかほ市象潟町大塩越73-1
tel.0184-32-5588

○民芸くにまつ
〒018-0112
秋田県にかほ市象潟町家の後64
tel.0184-43-2488

青森県

○KANEIRI Museum Shop
〒031-0032
青森県八戸市三日町11-1 八戸ポータルミュージアム1階
tel.0178-20-9661

宮城県

○KANEIRI Museun Shop 6
〒980-0821
宮城県青葉区春日町2-1 せんだいメディアテーク1F
tel.022-714-3033

岩手県

○KANEIRI STANDARD STORE
〒020-0034
岩手県盛岡市盛岡駅通1-44 フェザンパークテラス 1F
tel.019-613-3556 

東京都

○東北スタンダードマーケット
〒131-0045
東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ4階
tel.03-6284-1706

オンライン

◯東北スタンダードマーケット
http://tohokustd-market.jp/listing?q=%E6%B1%A0%E7%94%B0%E4%BF%AE%E4%B8%89

○iichi(いいち)
https://www.iichi.com/shop/KANEIRIMuseumShop/artist/V6746692

取扱い商品や在庫状況などについては、各店舗にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

池田修三 木版画展 〜センチメンタル・メルヘンの世界〜

池田修三 木版画展センチメンタルメルヘンの世界

 木版画家・池田修三(1922年~2004年)は、秋田県象潟町(現・にかほ市象潟町)に生まれました。美術教師を経て、1955年に画家近藤良悦に認められ上京、木版画に専念します。
 
 1960年代に入るとモノクロ版画から多色刷りに移行し、子ども達の情緒溢れる姿を制作しました。1990年代からは故郷、象潟の風景を中心に、酒田でも馴染み深い鳥海山、山居倉庫などの風景を木版画に留めます。
 
 池田修三の手掛ける子ども達は、どこかセンチメンタルで懐かしく、単に可愛さだけではない要素があります。静かに私たちに寄り添い、ちょっぴり切なく語りかけてくるかのような子ども達の姿は、今なお象潟の人々に愛され続け、各家庭のお祝い事には氏の木版画を互いに贈り合い、飾られ、生活の中に溶け込んでいます。
 
 本展覧会では、池田修三氏の木版画をはじめ、版木やスケッチなどを一堂に紹介します。

池田修三 木版画展 〜センチメンタル・メルヘンの世界〜
日程 :平成27年11月15日(日)〜12月23日(水・祝)
    休館日 12月7日(月)/12月14日(月)/12月21日(月)
時間 :午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料:一般830円(730円)、高校・大学生420円(370円)、中学生以下無料
    ( )内は20名以上の団体料金
会場 :酒田市美術館
    山形県酒田市飯森山三丁目17番地の95
    TEL.0234−31−0095
    FAX.0234−31−0094
    http://www.sakata-art-museum.jp

主催/公益財団法人酒田市美術館
共催/酒田市、酒田市教育委員会
企画協力/にかほ市象潟郷土資料館、公益財団法人庄内能楽館、有限会社 りす

http://www.sakata-art-museum.jp/data2015/ikeda.html


●関連企画

記念講演

にかほ市象潟郷土資料館 館長 齋藤一樹氏
日 時:平成27年11月15日(日) 午後2時~
定 員:50名(先着順)
参加費:無料(会員券または観覧券が必要です)
申込み:当日午前9時より受付にて整理券を発行します
会 場:酒田市美術館内

学芸員によるギャラリートーク

日 時:平成27年12月6日(日)・13日(日) 午後2時~
参加費:無料(会員券または観覧券が必要です)


[池田修三展]3館同時開催記念スタンプラリー

酒田市美術館、にかほ市象潟郷土資料館、庄内能楽館の3館で「池田修三展」を同時開催します。3館をスタンプラリー実施期間中にめぐり、スタンプを3つ集め、最後に来館した館でオリジナルステッカーをプレゼントします。
(各館先着順で、無くなり次第終了となります。)

実施期間:平成27年11月15日(日)~12月23日(水・祝)
     ※各館の会期・休館日が異なりますのでご注意ください。

■酒田市美術館:
11/15(日)~12/23(水・祝)
※12月から月曜日休館

■にかほ市象潟郷土資料館:
9/1(火)~平成28年5/22(日)
※月曜日休館
〒018-0104 秋田県にかほ市象潟町字狐森31-1
電話 0184-43-2005

■庄内能楽館:
11/15(日)~12/13(日) 
※11/26、11/27、日・月曜日休館(ただし初日と最終日は開館)
〒998-0074 酒田市浜松町1-5
電話 0234-33-4568

にかほ市市制施行10周年記念事業シンポジウム&音楽ライブ「木版画家 池田修三が描いた世界」

nikaho-1101-omote

にかほ市市制施行10周年記念事業シンポジウム&音楽ライブ
木版画家 池田修三が描いた世界

にかほ市象潟町生まれの木版画家、池田修三。没後10年が経ったいま、あらためてその作品の素晴らしさに注目が集まっています。そこで、にかほ市市制10年を記念し、俳優でありながらアートへの造詣が深い佐野史郎さん、幼い頃に氏の作品を見ていたという秋田出身のフリーアナウンサー伊藤綾子さん、そして現在の池田修三ブームの立役者である編集者の藤本智士さんに、池田修三氏の素晴らしさとそれを活かしたまちづくりへの提案について、語っていただきます。

日時:平成27年11月1日(日)
   開場 12:00 開演 13:00(16:00終了予定)
会場:にかほ市立象潟中学校 体育館
入場無料(内履きをお持ちください)
先着500名様に「にかほ市市制施行10周年記念池田修三ポストカード」プレゼント

主催:にかほ市・にかほ市教育委員会
後援:有限会社りす、のんびり編集部

シンポジウム・展覧会に関するお問い合わせ:にかほ市 総務部 企画課
TEL 0184-43-7510 FAX 0184-62-9013 e-maill kikaku@city.nikaho.lg.jp

◯基調講演

『にかほの宝物、池田修三』
藤本智士(有限会社りす代表、『のんびり』編集長)

◯象潟中学校生徒による発表

◯シンポジウム

出演:佐野史郎、伊藤綾子、藤本智士

◯音楽ライブ

出演:ゼラチン・シルバー・ミュージック・クラブ
(佐野史郎・エマーソン北村・GRACE)
青谷明日香

◯同時開催 作品展「親子の絆」

会場:象潟中学校 武道場

佐野史郎佐野史郎
1955年島根県生まれ。劇団シェークスピアシアター、劇団状況劇場を経て、86年『夢みるように眠りたい』で映画主演デビュー。その後、TVドラマ『ずっとあなたが好きだった』(92)の冬彦さん役で注目を浴び、舞台・映画・TVとジャンルを問わず活躍。小説・エッセイ・音楽・朗読・写真など幅広い活動を続けている。
伊藤綾子伊藤綾子
1980年生まれ。秋田県出身。フリーアナウンサー。ABS秋田放送を経て2007年フリーに。日本テレビ『news every.』カルチャーキャスター、日本テレビ『輝きYELL!』ナレーション、TOKYO-FM『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』にレギュラー出演するなど、テレビやラジオに活躍中。また、小説「うちのタマ知りませんか?」(角川書店)を出版するなど、小説家としての顔も持つ。
藤本智士藤本智士
1974年兵庫県生まれ。有限会社りす代表。『のんびり』編集長。ジャニーズ事務所嵐による『ニッポンの嵐』など、編集・原稿執筆を手がけた書籍多数。自ら編著者として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)を刊行するなど、池田修三再発見の立役者として、全国各地で展覧会をプロデュースする。
  • 次のページへ
  • 前のページへ