A Sentimental Blue Flag | SHUZO IKEDA OFFICIAL SITE 『木版画家 池田修三』

お知らせお知らせ

池田修三展「プロフィル profile」を開催いたします!

池田修三展「プロフィル profile」

昨年1万人を超える動員を記録した池田修三展が、
今年も、秋田県立美術館に帰ってきます!

没後10年にしてファンを増やし続けている秋田の宝物、木版画家池田修三。
修三さんは、数冊の日記を残していました。

「この残った三冊の日記、焼きすてようとは思ったが、強いて残した。後に自分の歩みをふりかへるために」

はたして修三さんに自らを振り返る時などあったんだろうか?そう思わざるを得ないほどに多作な修三さんは、生涯を自身の芸術に捧げました。修三さんのすべての日々が、木版画に向かっていることが克明に記されたそれらの日記は、修三作品が池田修三という人間そのものであることを教えてくれます。

「これらの作品は、そのときどきの私の自画像です」

そうはっきりと語る修三さんの姿を、生活を、思想を、折々の言葉と作品から感じて貰うべく、本展タイトルを『プロフィル profile』としました。池田修三という作家の苦悩と幸福をリアルに感じていただける展示にしたいと思っています。
また、それらの日記からも垣間見ることができる、偉大なる先輩、勝平得之との交流なども、別会場にて展示いたします。ぜひ、会場へおこしください。

本展プロデューサー 藤本智士(Re:S)

池田修三展「プロフィル profile」
日程 :2015年9月19日(土)〜10月12日(月・祝)
    [休館日 9月30日(水)〜10月2日(金)]
時間 :10:00〜18:00
会場 :秋田県立美術館1F 県民ギャラリー
秋田市中通1丁目4−2
入場無料

展示プロデュース:藤本智士(Re:S)
アートディレクション・会場構成:MOMENT
主催:秋田市中心市街地アートによる賑わいづくり実行委員会
協力:にかほ市、にかほ市教育委員会、ナナロク社、のんびり合同会社

EVENT
ギャラリートーク「池田修三と象潟」
にかほ市象潟郷土資料館 館長 齋藤一樹さん
日程:2015年9月19日(土)
時間:16:00〜17:00
会場:秋田県立美術館1F県民ギャラリー(入場無料)

早瀬直久(ベベチオ)&青谷明日香ミニライブ
「プロフィルハーモニー」
日程:2015年9月22日(火・祝)
時間:14:00〜15:00
会場:秋田県立美術館1F県民ギャラリー(入場無料)

池田修三展関連企画
馬川亜弓 木版画ワークショップ「木版画を作ってみよう!」
兵庫県出身の木版画家、馬川亜弓さんによる、木版画教室。池田修三さんのように、図柄を考えて、版木を彫って、摺るまで、すべての工程にチャレンジしてみましょう。摺ったものは封筒にして、お持ち帰りいただけます。
日程:2015年10月3日(土)
時間:10:00〜13:00
会場:秋田市民市場 水産通り「なんもスペース」
秋田市中通4−7−35
参加費:¥2000(彫刻刀などお土産つき)
定員:15名

イベントお申込み・お問い合わせ:のんびり合同会社
〒010-0021 秋田市楢山登町7−14
Tel&Fax 018-832-8086
E-mail:info@non-biri-go-do.jp

関連企画展
勝平得之と池田修三
〜木版画にめざめる瞬間〜
日程:2015年9月12日(土)〜11月15日(日)会期中無休
時間:9:30〜16:30
会場:秋田市立赤れんが郷土館(勝平得之記念館)
秋田市大町3丁目3−21
Tel:018-864-6851
観覧料:200円(高校生以下無料)

お問い合わせ
秋田県 観光文化スポーツ部 文化振興課
〒010-8572 秋田県秋田市山王3丁目1−1
Tel 018-860-1530(土曜・日曜・祝日定休)

あきたアートプロジェクト事務局
〒010-0921 秋田県秋田市大町3丁目1−12 川反中央ビル1F ココラボラトリー内
Tel&Fax 018-866-1559(不定休)
E-mail:machi-muse@akita-art-project.net

池田修三版画展 つながり ―象潟から松島へ― 開催いたします!

matsushima_2015

松島と象潟(秋田県にかほ市)―
「東の松島、西の象潟」と評され、江戸時代には松尾芭蕉も訪れた土地。また、銘菓「松島こうれん」の由来でもある、紅蓮尼という象潟から松島へ嫁いだ女性の物語の縁により、ふたつの町は昭和62年(1987年)に「夫婦町」となり交流してきました。その象潟の木版画家、故・池田修三は、情緒あふれる子どもたちの情景などを描いた作品で、地元に愛されてきた作家です。平成25年(2013年)、初の作品集『センチメンタルの青い旗』(編著:藤本智士/発行:ナナロク社)が出版されたことをきっかけに、各地で展覧会が催され、夫婦町でもあるここ松島でも「池田修三版画展 つながり ―象潟から松島へ―」がひらかれました。昨年6月に続き、今年も修三さんの版画で、ふたつの町をつなぎます。

日程:2015年7月23日(木)〜8月6日(木)
会場:松島町内23ヶ所
入場無料

主催:夫婦町交流事業(池田修三版画展)実行委員会
共催:松島町、松島町教育委員会、にかほ市、にかほ市教育委員会
後援:一般社団法人 松島観光協会、利府松島商工会、秋田魁新報社、石巻日々新聞社、大崎タイムス社、河北新報社、三陸河北新報社、エフエムベイエリア(株)

スタンプを集めて、修三さんのミニカードをもらおう
会期中、作品が展示される会場にあるスタンプを集めると、池田修三さんの絵が描かれたミニカードをプレゼント。
(23会場のうち12会場以上でスタンプを集めた方。ただし、数に限りがありますのでご了承ください。)

tsunagari_map
まちあるき展示マップ(PDF 5.5MB)

引替場所:観瀾亭受付窓口 9:00〜16:30

比翼塚で小太郎と紅蓮尼をしのぶ
松島町とにかほ市が夫婦町になるきっかけとなった『小太郎 紅蓮尼ものがたり』のふたりを供養するために昭和43年(1968年)に建てられた比翼塚。
瑞巌寺の老師の読経とともに、ふたりの悲恋をしのびます。
日時:8月6日(木)10:00〜10:30頃
場所:比翼塚(松島町松島字町内 軒端屋前)
主催:一般社団法人 松島観光協会

“つながり”トーク
松島と象潟が夫婦町なのはわかったけれど、どうして池田修三さんなの?
作品集『センチメンタルの青い旗』の編著者・藤本智士さんと、昨年の池田修三松島展の実行委員長で、仙台在住のイラストレーター・佐藤純子さんが、修三さんの版画の魅力と思いのたけを語り尽くします。

日時  :8月6日(木)14:00〜15:00(開場13:30予定)
定員  :30名 参加無料(要申込/先着順)
申込先 :夫婦町交流事業(池田修三版画展)実行委員会
申込方法:お名前、ご住所、電話番号を明記の上、
     下記のいずれかの方法でお申込ください。
     電話 022-354-5708
     FAX 022-353-2041
     Email shuzoikeda@town.matsushima.miyagi.jp

池田修三展 in 奈良 開催いたします!

池田修三 木版画展2015「修三さんからの、おくりもの」 奈良ボリクコーヒー

池田修三木版画展
「修三さんからの、おくりもの」

池田修三の、木版画の展示と、小作品の販売を
奈良県奈良市の『ボリクコーヒー』さんで開催します。
書籍やグッズもたくさんご用意してお待ちしております。

日程:2015年6月26日(金)〜7月12日(日)
時間:11時〜17時30分(月曜・火曜定休)
場所:ボリクコーヒー(奈良)
   奈良市西新屋町40−1
   Tel&Fax: 0742-87-1310
   ※ボリクコーヒーでは12歳未満のお子様のご来店を
   ご遠慮いただいております。ご了承ください。

bolikcoffee_logobolikcoffee_map

池田修三 絵葉書と豆本 第2集「いろどり」発売

main

大好評第2弾!!
大切なあの人に。
すべて使い終わると小さな本が残ります。

2013年、初めての作品集と全国各地での展覧会が大きな話題を呼んだ池田修三の木版画の世界。2014年にポストカードブック第1弾が刊行され、このたび、待望のシリーズ第2弾「いろどり」が刊行となりました! 作品集には収録されていない作品も、新たに3点追加されています。

絵葉書を全部使ったあとは、豆本画集としてお楽しみいただけます。
大切な方への贈り物にも最適です。
絵葉書22枚、一筆箋4枚、豆本画集、解説付き。

IMG_6848

IMG_6873

木版画 池田修三 / 編著 藤本智士
ブックデザイン:名久井直子
判型:107×214
価格:1,600円+税
絵葉書22枚/一筆箋4枚/豆本画集/解説付き
発売:2015年4月1日
ISBN:978-4-904292-58-7

象潟まちびと美術館「ようこそ」開催いたします!

池田修三木版画展象潟まちびと美術館ようこそ

池田修三さんの故郷、秋田県にかほ市象潟町で開催する展覧会。今年は〝象潟まちびと美術館〟と題されているように、これまでとは違った試みをいたします。毎回お越しいただいている方も、初めてお越しいただく方も、池田修三作品と象潟の町のあたたかな関係をぜひ体感してください。

【象潟まちびと美術館とは?】


木版画家池田修三さんのふるさと秋田県にかほ市象潟町では、旅館、お土産屋、本屋、ケーキ屋、銀行など、いたるところに修三さんの作品が息づいています。この素晴らしい文化をありのまま活かしてあらたに立派な建物を建てるのではなく、町そのものが美術館であり、暮らす人々たちが学芸員であるというコンセプトのもと、旅人をおもてなししましょう! という、まちぐるみ美術館プロジェクトです。

会期:2015年4月25日(土)〜 5月24日(日)
メイン会場:にかほ市象潟郷土資料館(にかほ市象潟町字狐森31-1/ 9時〜17時)※4月25日のみ入館無料
ほか、象潟地域の様々なお店
サブ会場:にかほ市象潟公会堂 大ホール(にかほ市象潟町字三丁目塩越163)※イベント時のみ開館
主催:にかほ市、にかほ市教育委員会 企画:Re:S(りす) 協力:のんびり編集部、ナナロク社、秋田県

【イベント】


●4月25日(土)

「オープニングセレモニー」

場所:象潟郷土資料館 ※初日のみ入館料無料
10時〜 子どもたちの獅子舞(古城稲荷の初午) 
10時20分〜 展示案内 池田修三作品展「ようこそ」
※オープニングセレモニーにお越しの先着1000名様に、限定のポストカードをプレゼントいたします。

「カナリヤたちが謳いだす」

場所:象潟公会堂 ※入場無料
13時〜 象潟公会堂開場
13時30分〜 トーク
出演:福田利之、藤本智士
15:00〜 ミニコンサート
出演:青谷明日香、浜辺の歌音楽館少年少女合唱団

●4月26日(日)・27日(月)

ワークショップ「木版画を摺ってみよう」

場所:象潟公会堂 ※要申込み
池田修三さんの小作品を摺っている、摺り師の小林さん(竹芳洞)を迎え、摺りを体験できるワークショップを開催します。
☆26日(1)10時〜(2)14時〜
☆27日(3)10時〜
講師:「竹芳洞」小林義昭氏 参加費:1,000円(材料費込)
定員:各15名程度
〈お申込み〉象潟郷土資料館(tel.0184-43-2005)
※摺る版画は、池田修三特集が話題の秋田県発行『のんびり』オリジナル絵柄となります。

●4月28日(火)

版画と詩と歌と「無心に」

場所:象潟公会堂 ※入場無料
池田修三さんの版画と、詩や物語などのコラボを朗読と歌で紹介します。
13時〜 象潟公会堂開場
14時〜15時30分 
出演:朗読ボランティア、コールきさかた、クローバー

●4月29日(祝・水)

ケースケ&マサライブ「僕に舞い降りた天使」

場所:象潟公会堂 ※入場無料
にかほ市のふるさと宣伝大使のフォークデュオ、ケースケ&マサライブのライブです。
14時〜15時30分(13時開場)

●4月30日(木)

修三さんのお墓参り

※参加費無料
展覧会場に寄せられたお花でつくった「花みこし」を担いで、この日がお誕生日の池田修三さんのお墓のある蚶満寺(かんまんじ)にお参りに行きます。
10時30分 〜 象潟郷土資料館集合・受付
11時 〜 象潟郷土資料館出発(徒歩約25分)

【のんびり編集部企画】


●5月2日(土)

場所:象潟公民館 1階 九十九(つくも)の間

☆ふみこの部屋

※入退室自由・参加費無料

象潟の町のみなさんをトークゲストにお招きして池田修三さんやお持ちの作品にまつわるエピソードをうかがいます。
13時〜16時
司会:のんびり編集部 矢吹史子

☆たみやちよ寿し

※要予約

象潟の名店「八千代寿し」をつまみに、「飛良泉」「雪の茅舎」「鳥海山」など、のんびり編集部お気に入りの地酒を飲み比べ! 池田修三さんが愛したこの地域について、皆さんと語り合います。
18時〜20時
司会:のんびり編集部 田宮慎
ゲスト:佐藤勘六商店(にかほ市大竹) 佐藤玲
参加費:3,500円 定員:25名
〈お申込み〉のんびり合同会社(TEL・FAX 018-832-8086/e-mail info@non-biri-go-do.jp)

【展覧会・イベントに関するお問い合わせ先】


にかほ市象潟郷土資料館
〒018-0104 秋田県にかほ市象潟町字狐森31番地1
TEL0184-43-2005 FAX0184-43-2014 e-mail kyouiku-bh@city.nikaho.lg.jp
利用時間:午前9時〜午後5時
入館料:一般150(100)円 高校生以上の学生100(50)円
    小中学生50(30)円  ※15名以上は団体料金
無料駐車場:象潟公民館駐車場・象潟体育館駐車場・市役所象潟庁舎駐車場 ほか
交通アクセス:JR象潟駅より徒歩15分/最寄バス停 コミュニティバス 「体育館前」下車

チラシ・マップのダウンロードはこちら(PDFファイル・5.6MB)

  • 次のページへ
  • 前のページへ